ランキング・口コミで人気のアレコレ実際に買ってためしてみました

干し芋【丸干し】VS【平干し】どっちが人気?美味しい?(紅はるか)鶴田商店で味比べ

2014年3月に放送された「秘密のケンミンショー」
この番組で茨城が紹介され、「干し芋(乾燥芋)」について情報を知り、
アチコチ通販してみました。
追記:「いばらき」の漢字を間違えてしまい茨城県の皆様大変失礼しました。

「平干し」と「丸干し」があり、さらに「角干し」というものあるのですが。
今回は「平干し」と「丸干し」を比較してみました。
同一品種で同じ生産工場で作られた
「鶴田商店(つるたしょうてん)」さんのもので比較
「鶴田商店」さんは茨城県小美玉市にあるそうです。
干し芋 丸干しVS平干し 口コミ

まだ、いろんなところを沢山食べ比べたほど、干し芋プロではありませんが(笑)
数メーカー食べ比べしてみただけで、これは美味しい!とすぐ気が付きました。

「鶴田商店」さんは「紅はるか」オンリーを生産されてるのかも。
楽天で発見したのですが、良心的な価格で、色が綺麗なので惹かれました。
よし試しに買ってみよーって。それが「うまい!」
自然な甘さでクリのような風味。柔らかめのねっちり感が良いです。

もう一度リピートしようと思ったら、ぜ~んぶ売り切れていました(残念です)
各メーカーさんによって、切り方とか硬さとかが違い面白いです。
もちろん品種も様々あり甘さ控えめとか。
品種を調べてみるとこんなに色々あるんですね。
●「紅はるか」
●「玉乙女(たまおとめ)」
●「「玉豊(たまゆたか)」
●「紅まさり」
●「人参芋」
●「泉13号(いずみじゅうさんごう)」たぶんもっとあるかも。

色々食べてみると、自分は柔らかめのねっちりが好きだなぁ。とか、
甘めがすきだなぁ。とかいろいろ試してみると面白そうで、
実はいくつか買ってみました。それは記事の最後に少し紹介してます。

それでは「丸干し」「平干し」さてどっちが旨いのか!?
さっそく味比べしてみました
【丸干しタイプ】
しっとりして、いい柔らかさ。ねっちりが口いっぱいに広がる。
干し芋 紅はるか 丸干し オススメ人気 売り切れ

【平干しタイプ】
切り口がツルッとしていて舌触りがいいです。丸干しよりやや固くしっとり。
干し芋 紅はるか 平干し オススメ人気 鶴田商店

正直どっちも旨い!
それぞれに、口の中にいれた食感が良くて、
甲乙つけがたいって本当のあるんだなぁって└(°∀° )┘ドッチモウマイ└( °∀°)┘

焼き芋の美味しい部分だけ食べてる感覚で、
もっちりして甘く。栗のような風味がします。

いつくか買ってみたなかで一番好みでした。
「鶴田商店」はツルリとした触感が特徴かもしれません。
他のものは、表面がザラザラしてるとこのほうが多く感じました、

丸干しタイプは干すのに時間がかかるそうなので、平干しより販売数は少ないそうです
だから、まずは丸干しから買うのがいいかも。
来客のときにお茶受けに出すには「丸干し」の方が見た目が綺麗。

こんな風にブログで紹介してみたら、また食べたくなってきて、
楽天通販「鶴田商店」ページをのぞいてみたら、
売り切れてたのが一部販売復活(ラッキーさっそく申し込んでみた)

味の好みは人それぞれなので、参考程度にみてください。
いろいろ食べて探してみるのも楽しいです。
自分好みの味が見つかると嬉しいですよね。

——————————————————————————————————————-

■関商店の「紅はるか」は固め、色が飴色で綺麗でした。
干し芋 紅はるか 人気おすすめは?
—————————————————————————————————————

■清水ぶどう園干し芋工房の「紅まさり」は、ザラザラしてやや固め。
すこし黒ずんでいますが、甘く。しっかり噛んで食べるのにいい!子供にはコレだねw
清水ぶどう園 干し芋 紅まさり

実は、固めでもトースターで焼いてみると、
黄金色になり、甘みが増し、柔らかくまるで焼き芋みたいに!
干し芋 トースターで焼いてみた

——————————————————————————————————————-

■みのりの里はいろんな種類があり、食べ比べできる。
いずみ・・・やわらかくてほっくりしっとり、蒸し芋っぽい。
人参芋・・・希少品種なんだって。鮮やかな人参色。しっかりと固めで人参ぽい(笑)
玉豊・・・ほしい芋といえば定番のおいもらしい。ねっちり甘く旨い。
紅まさり・・・さらに甘味があり、ねっちりして歯に挟まる感じ。

干し芋 種類 人気はどれ?

——————————————————————————————————————-

「干し芋食べ比べしてまとめ」
それぞれの農園を食べ比べしてみて、全然違うのに驚きました。
干し芋なので、どれも干し芋なんだけど。
歯ごたえ・甘味・味の濃さ・ねっとり感・ほっくり感。
こんなに奥深い食べ物とは思いませんでした。
この「みのりの里」はいろんな種類を少しづつ食べ比べできて、味の比較がたのしめて
とっても美味しかったです。個人的には紅まさりが好きになりました。
干し芋種類食べ比べ 口コミ

【みのりの里通販ページ】 ⇒【送料無料】国産丸干し芋5袋セット【RCP】

 

励みになるのでランキングクリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ
にほんブログ村
URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 茨木ではありません。
    茨城です。
    せっかく茨城の干し芋を紹介して頂いて嬉しいのに残念です。

  2. 茨城に住んでいる者ですが、記事を呼んだのでほしいもについて雑感を

    「固さ」ついてですが、芋の品種や作り手よりもどれだけ乾燥しているかで決まります。余り乾燥していないものは柔らかくねっとりとした感じ、乾燥が進んでいくにつれて硬くなってきます。

    私は紅はるかのあまり乾燥していないもの(さわると手がベトベトになるくらい)が好きですが、このタイプのものは地元以外にはほぼ流通していないため、店頭での入手は困難でしょう。基本的に真空パックになっているものはだいぶ乾燥がすすんで固くなっています。地元以外の店舗で売られているのはほぼこのタイプでしょう。最近は生産者からの取り寄せで入手可能になってきているようです。ただ、ほしいもの生産者は個人経営のものが大半で通信販売に対応しているところはかなり限られているのが現状です。私の好きな茨城町生産者も通販等は行っていません。生産量も少ないため、地元客のみで売り切れてしまいます。
    また、このベタベタのタイプは水分が多くカビやすいため、保存にも適しません。(購入後に天日干し等出乾燥させれば固いものと同様になります。カチカチ二なるくらいまで乾燥させるとかなり保存が可能になります。(ほしいは本来保存食なのでこれが本来のほしいもですが)

    ぜひ水戸周辺に来た際は一同ご紹介あれ

コメントはこちら

*
* (アドレスは公開されません)
*

Return Top